福島県の「あんぽ柿非破壊検査装置」10台の受注を受けました

福島県あんぽ柿産地振興協会より26年度の予算による福島県の「あんぽ柿」の放射能検査装置10台の発注を受けました。この装置は日立造船様との 共同開発で進めたもので、弊社は検出器とその計測システム(演算ソフトを含む)を担当しました。弊社では9月中に検出システムを日立造船様に納入し、完成された「あんぽ柿非破壊検査装置」は日立造船様より11月に福島県の各農協に納品する予定です。お米の全数検査装置に引き続き日立造船様 との共同開発を通して、食の安全・安心を担保できる装置を目指して、社を挙げて取り組む覚悟で有ります。

このページのトップへ