福島県発注の「非破壊式放射能測定機」38台を落札しました

かねてより、福島県では県民が育てた「自家農家野菜」などの食品を検査の為に、切り刻むことなく、そのまま放射能検査できる「非破壊式放射能測定 機」を県内80か所に配備する計画を発表していました。内鉛遮蔽体の厚さが50㎜と鉛遮蔽体の厚さが30㎜の「非破壊式放射能測定機」に分けて、 そのうちの厚さが50㎜の「非破壊式放射能測定機」について、8月29日に入札が行われました。入札の結果、弊社は38台全数を落札することが出 来ました。県からの正式な受注を受けて、年度内に県からの指示により、比較的汚染レベルの高い市町村に38台を納入することに成ります。
弊社の装置が、福島県民の食の安全・安心を確保できるよう、社員一同全力を投入し、県民の皆様に喜んでいただける検査装置を提供したく存じます。

 

 

 

 

このページのトップへ