FD-08Cd

食品中のカドミウム測定用装置
fd-08cd

食品中のカドミウム測定用に開発された分析装置です。
食の安全性の観点から注目されるお米中のカドミウムの高感度測定に適しています。
一度に多くの試料を測定するための自動試料交換機を標準装備しています。

特長

液体窒素不要の新開発半導体検出器を搭載

短時間測定と感度を両立させた新光学系を搭載

面倒な試料前処理は不要です

108検体を連続測定

  • 食品衛生法上の基準(玄米・精米0.4mg/kg)に対応、基準値を超える食品の流通を防止します。
  • 最新型のエネルギー分散型検出器を搭載、液体窒素は不要。
  • 試料カップ (蛍光X線分析専用) に前処理なしで簡単操作。
  • FD-08Cdは、約3g の試料量でカドミウム濃度 0.5mg/kg を 500 秒の測定時間で検出、
    下限値 0.1mg/kg を実現。
  • FD-08Cdは、約3g の試料量でカドミウム濃度 0.2mg/kg を 30 分程度の測定時間で検出、
    下限値 0.1mg/kg を達成。
  • オートサンプラーを搭載。多検体 (108検体) の自動測定で、コスト削減を支援します。
  • 日本語ソフトウェアで簡単測定。結果自動保存、日本語集計印字、CSVファイルに変換・
    編集・保存可能です。
  • 万全なサポート体制。機器校正 (年1回以上必要) もお任せ下さい。
  • 機器性能保証検証付、各種保守点検契約もご用意しています。

仕様

測定原理 蛍光X線分析法
測定対象 固体・液体・粉体
ピーク同定検出範囲 48Cd
X線管 W(タングステン)ターゲット
電圧 50kV
電流 1mA
冷却方式 空冷(ファン付)
照射面積 10mmφ
1次フィルタ 1種類
2次フィルタ 1種類
検出器形式 SDD(シリコン ドリフト ディテクター)
計数方式 デジタル計数処理
測定雰囲気 大気
連続測定試料数 108検体
安全機構 インターロック機構
電源 AC100V±10%、2A、50/60Hz
本体寸法 650(W)×780(D)×468(H)mm
本体重量 約70kg

< PC仕様 >

本体 ノートPC(標準)、デスクトップPC(オプション)
メモリ 2GB以上
HDD 80GB以上
解像度 1280×768ドット以上
プリンタ オプション
ドライブ CD-ROM
OS Windows7

< ソフトウェア仕様 >

スクリーニング分析 簡単操作ソフトウェア
定性分析 測定・分析ソフトウェア
定量分析 検量線法
その他 分析結果検索、作表機能
分析結果報告書作表機能

● 製品の外観及び仕様は予告なしに変更となる場合があります。
● 装置のご使用にあたっては、所轄の労働基準監督署へ届出が必要となります。

このページのトップへ