「中小企業のものづくり基盤技術の高度化に関する法律」第4条第1項の認定を受けました

この認定は企業者等が行うものづくり基盤技術を高めるために実施する研究開発を国が認定し、その開発に対して支援する法律です。弊社は次世代検出器として期待が多い、超伝導体直列接合検出器の開発を推進しておりますが、今般近畿経済産業局長より、7月7日付けで弊社が進めております「高い検出効率と高速性を兼ね備えたエネルギー超高分解能X線検出器のシステム開発」を特定研究開発等計画として法認定をする旨の通知を受理しました。

弊社はこの開発を通して、現在のエネルギー分散型蛍光X線分析装置のエネルギー分解能が130eV程度であり、そのエネルギー分解能の向上が非常に困難な状況にある中で、その半分以下のエネルギー分解能を有する検出システムを構築し、世界初の新技術で、従来の蛍光X線分析装置の市場を拡大することが出来ます。ご期待ください。

「超伝導体直列接合検出器の開発」はこちら

このページのトップへ