「複雑形状食品の放射能検査装置」第1号機を納入!日刊工業新聞」に掲載されました。

JSTの開発支援を受け開発を進めている「複雑形状食品の放射能検査装置」の実用化に向けた第1号の製品を4台納入し、地元の方々に披露することになりました。「日刊工業新聞」に掲載されましたので、ぜひご覧ください。

弊社は福島の原発事故に係わる食の安心・安全を確保するための放射能検査装置の開発を積極的に進めています。今後は、地元のご意見を伺いながら、ご要望に応じた装置の改善を行い一刻も早く実用的検査装置を社会に供給し、復興に貢献させていただきます。

記事コピーはこちら(PDF)

このページのトップへ