テクノエックス5thキックオフパーティを開催しました

弊社は4年前の2009年9月16日に創業し10月1日より営業を開始しました。

最初の注文は田中貴金属工業様からの貴金属判別装置でした。その後有害金属分析用の小型蛍光X線分析装置、FD-シリーズを開発、販売させていただきました。東日本大震災後は食品中の放射能検査装置の開発をいち早く着手し、食の安全・安心を確保するための装置作りを目指してまいりました。

これらの結果として、先日日本分析学会より先端分析技術賞・JAIMA機器開発賞を受賞させていただきました。加えて、さらなる放射能計測の開発のために、科学技術振興機構先端計測分析技術・機器開発プログラムに採択され、今後2年半をめどに「複雑形状食品の放射能検査装置の開発」を進めることに成りました。

これらは共に日頃の関係機関のご指導並びの皆様方の温かいご支援の賜物として感謝しております。

5年目の弊社は、今後検出器、X線分析、放射線計測、画像計測を柱にした事業転機をする予定です。放射線計測ではフランスの名門企業SAPHYMO社と技術提携をしました。この成果を生かして、福島原子力発電所の関わる放射能計測システムを提供してまいります。

今後は社員一同初心に還り、社会に貢献できる装置作りに邁進する所存です。どうか今後も引き続き弊社に温かいご支援を賜りたくお願い申し上げます。

20130927_3 P1020515

 

当日ご紹介した「4年間のテクノエックスの歩み」をまとめたビデオ 社長ブログもご覧ください

このページのトップへ