平成22年度イノベーション実用化開発費助成金に採択されました

NEDO(独立行政法人 新エネルギー・産業技術総合開発機構)平成22年度イノベーション実用化開発費助成金(研究開発型ベンチャー技術開発助成事業)に採択されました。
採択された研究テーマは「超伝導直列接合X線検出器システムの実用化開発」で、研究開発期間は平成22年、平成23年度の2年間、総事業費は約4,600万円です。
助成事業の概要は、「高検出率かつ高計数率計測が可能な実用性の高いエネルギー高分解能を有するX線検出器システムを実現するために、半導体検出器を上回るエネルギー分解能が期待できる超伝導直列接合検出器素子の開発を実施する。この開発により蛍光X線分析装置の性能が飛躍的に向上することができる」です。
弊社では平成22年度中に本成果による実用的な検出システムを市場に供給することを計画しています。御期待下さい。

このページのトップへ