X線分析装置、文化財分析に活躍!

日本を代表する画家「北斎」の「色」を解明するため、東京理科大学中井泉教授と共同開発したX線回折分析装置がNHK歴史秘話ヒストリア「おんなは赤で輝く北斎の娘・お栄と名画のミステリー」で登場しました。

また、同日同局で放送された「北斎“宇宙”を描く」にも登場しています。

NHKオンデマンド(有料)
http://www.nhk-ondemand.jp/goods/G2017081973SC000/?capid=nte001

「色」を解明することにより、「北斎の娘・お栄」の存在が明らかになりつつあるように、当時の交流や組成技術なども観ることができます。

X線回折装置や蛍光X線分析装置は、非破壊で分析できることから、考古学でも大いに活用できます。
今後の弊社X線分析装置の活躍にご期待ください。

このページのトップへ