TD-10

粉末分析用可搬型X線回折装置

 

特長

  • 可搬型X線回折装置は文化財遺物などの材料分析に最適です。
  • 広い範囲の2θ角度(10~90度)の測定が可能です。
  • 非破壊分析で試料をそのまま測定でき、その場で分析結果が得られます。
  • 液体窒素不要・高分解能・高速測定対応の新世代SDD検出器を搭載しています。
  • 使いやすい分析ソフトウェアを完備。誰でも簡単に測定・分析ができます。
  • 蛍光X線分析などのニーズに合わせた各機種様々なカスタマイズも承ります。
  • 省スペース・省エネルギー設計の卓上型装置です。

応用分野

  • 建築・土木(セメント原料の定性分析)
  • 環境・産業廃棄物(アスベストの分析)
  • 資源、エネルギー(粘土鉱物、珪藻土類の定性分析)

仕様一覧

装置名 TD-10
測定対象 粉体
X線管ターゲット Cu
定格出力 60kV-0.2mA(Max:12W)
焦点サイズ φ0.4mm
冷却方式 空冷式
検出器システム SDD(シリコン ドリフト ディテクター)
測定可能範囲 10°≦ 2θ ≦ 90°
測定雰囲気 大気
制御部寸法 (mm) 400(W)×280(D)×250(H)
測定部寸法 (mm) 400(W)×360(D)×160(H)
本体総重量 約 18 kg
操作部(PC) Windows 7~10
オプション 蛍光X線分析
標準付属品 制御解析ソフト、Microsoft Office 、管理試料、エネルギー校正用試料, 、アルミ・プラスチック製収納用専用ケース、取扱説明書、バックアップCD

2016年 9月 現在
※ 内容は予告なしに変更される場合がございます。

このページのトップへ