新製品のご紹介 (TW-10、FD-10、FD-20、FD-08Cs-V2)

TW-10

 

TW-10
  • ジェット燃料油、ガソリン、灯油、軽油の硫黄・塩素分析
  • 高濃度メッキ液中の軽元素分析
  • 合金中の特定元素の微量分析
  • エネルギー分散と波長分散方式の特徴を持つハイブリッド型蛍光X線分析装置
  • 最大4種類の軽元素(S, Cl, Al, Si, P等)を同時に微量定量分析可能
  • Heガス不要、大幅のコスト削減
  • C/Hレシオの自動補正機能搭載FD-10

 

FD-10

 

FD-10
  • 食品中に混入した金属片の成分分析と同定
  • 電子基板に付着した異物の分析
  • 微量有害重元素濃度のモニタリング
  • 異物分析から通常試料の有害重金属の微量分析まで幅広い分析をカバーできる蛍光X線分析装置
  • 微小部分析のため微小コリメータ(300μm)を採用
  • 複数元素同時マッピングや材質マッチング機能を搭載

 

 FD-20

 

FD-20
  • 食品におけるCODEX規格に対応した有害重金属元素分析
  • 玩具製品中の金属元素濃度のモニタリング
  • 軽元素から重元素まで広い領域で数ppm~数ppbの検出感度を持つ最上位機種のエネルギー分散型蛍光X線分析装置
  • 新開発分光システムよりAs, Pb, Hg, CdのLLDはppbレベルを達成
  • 超軽元素(C, O, F等)も分析可能

 

 セシウムビュアー FD-08Cs-V2

 

セシウムビュアー1セシウムビュアー2
  • 除染作業現場に見えない放射線を可視化
  • 保管設備内の汚染物質を観察や撮影
  • 上空から汚染地域の空間線量イメージ撮影
  • 高感度・高角度分解能の放射線可視化カメラ
  • マルチコリメータ光学系の採用により、カメラに入射した
  • ガンマ線をほとんど全て取り込むことが可能
  • コリメータによる究極の角度分解能を実現
  • セシウム線源からの線量寄与がカメラ位置で
  • 1.0μSv/hの場合、約50秒で撮影可能
  • GPS搭載により計測位置や時間を自動記録
  • 重さ約9kg。従来のガンマ線カメラの約2分の1以下の軽量化を実現

こちらもご覧ください。新製品カタログ

new2015    new2015_2    new2015_3

このページのトップへ